2006年2月の記録
1日−10日  11日−20日  21日−28日

ここに載せているのは毎日与えている主食です。
これ以外にも小松菜等葉物の野菜や、小鳥の餌、ひまわりの種、
煮干、りんご等を時々少量与えています。
野菜の単位、及び体重の単位はgです。
ペレットはゴールデン達にはオリエンタルの長期飼育用ペレット(表記:O)を、
ドワーフ達にはイースターの「ハムスターフード」(表記:Y)を与えています。
単位は個です。


ジャンガリアン ゴールデン
2月10日 耀魅 彩魅 杏魅 柚堵 桜香 柊香
サツマイモ
ニンジン
キャベツ
リンゴ
ペレット O1/2
Y3
O1/2
Y3
O1/2
Y3
O2 O1.5 O2
体重 51 46 37 140 192 94
先日、彩魅がサイレントホイールの軸の部分を
カシカシと齧っていたのですが、
今日は杏魅が全く同じ格好で齧ってました。
楽しい?
ケージの扉を開けてもこの体勢のまま
虚ろな目をして延々とカシカシやっていたのですが、
このネジにもなっている軸には傷らしい傷は付いていなくて
表面に軽く歯を当てて微妙に擦ってるだけな様です。

私が杏魅の背中を触った所でやっとやめたのですが
齧ってる時の歯触りか何かがいいんでしょうかねぇ。
あ、回し車が汚れておりますが今は洗って乾かしております。(^^ゞ

今週始めに取り替えた柊香の紙巣箱は
外見上の変化は殆ど無いものの
底は↓こんな↓感じで抜けてしまっております。
あ〜あ〜…(;´Д⊂)
何故に底ばかりを集中的に齧るのか解らないのですが
この分だとこの数日中にも破壊は底から側面へと進みそうなので
予定より少し早いですが木の巣箱を入れる事にしました。

新しいおうち? お外が見えます
体重が100gを超えてからと思っていたのですが、
柊香は新しい巣箱を慎重に確かめた後
中に入って巣材を整えたりしていました。
でも巣箱の上に登ればケースの縁に手が届くという事を早速覚え、
金網を上げておくと速攻出て行こうとしてしまいます。^^;

さっき、小休憩に自室へ戻ってきてみると
巣箱の右奥隅をカリカリと齧っているくらいで
しつこく外へ出たがるような事は今の所無いようですが、
うんていまで披露してくれる子ですので
いい足場が出来たとばかりに無茶をしないといいのですが。(汗

それに脱走して隣にある桜香のケースの金網を歩いていて
桜香に足を齧られるって事も考えられますので、
桜香のケースの脱走対策共々
十分に気を付けようと思います。

ジャンガリアン ゴールデン
2月9日 耀魅 彩魅 杏魅 柚堵 桜香 柊香
サツマイモ
ニンジン
キャベツ
リンゴ
ペレット O1/2
Y3
O1/2
Y3
O1/2
Y3
O2 O1 O2
体重 51 46 37 142 192 92
冬篭りの如くトイレに篭って寝ている耀魅ですが
巣材を取り替えて巣箱へ入れておいても
いつの間にやらトイレへ運んでしまい
よっぽどトイレ寝が気に入ってるようです。

先週からまた時折強く冷え込むように
なったからかもしれませんが、
窒息はしないようだから大丈夫かな。(^_^ゞ

一時は48gまで増えた彩魅ですが
ここ数日は少し減った所で落ち着いてます。
やはり杏魅と分けてエサを必要以上に
食べなくなったからかもしれませんが、
微妙にアピールが激しくなってるのは
空腹を訴えているんでしょうか。^^;
主食以外に雑穀類やコメコメなどのおやつを
ある程度与えるようにしていますが、
やっぱりもっといい物を食べたいんだろうなぁ。

桜香の床敷き集めは相変らずですが
やたらと集めたがる時とそうでない時があるようで
交換後、丸1日過ぎても端っこが少し
破られている程度の日もあります。

ま、集め始めると手前に敷いてある分の新聞紙は
あっと言う間に巣箱へ回収されてしまうので
破らない日があってもあまり救いにはなってないのですが、
桜香だけでなくうちにいたメスのゴールデンは
殆ど例に漏れず床敷き集めをしていて
何かそうしたくなる雰囲気があるんだろうか…。

で、柊香ですが桜香の真似かどうかは解りませんが
今日は激しく床敷きの新聞紙が捲れあがってました。orz
こちらは破っても破りっぱなしで巣箱へ持ち込む事がないので
ケースの中がやたらと散らかるのですが、
新聞紙を破いたり引っ張りまわしたりするのが
ただ楽しいだけなのかなぁ。(;´Д⊂)

ジャンガリアン ゴールデン
2月8日 耀魅 彩魅 杏魅 柚堵 桜香 柊香
サツマイモ
ニンジン
キャベツ
リンゴ
ペレット O1/2
Y3
O1/2
Y3
O1/2
Y3
O2 O1.5 O2
体重 51 47 37 142 193 93
耀魅はエサタイムに起きるとケージに登り
カシカシと齧ったりうんていしたりしてますが、
最近は杏魅まで齧り始めました。^^;
もうその齧り方や姿が全く一緒で、
耀魅に習ったか?と訊きたくなるくらいなのですが、
元を辿れば去年旅立った魅陽や更に前の魅魅なんかも
ソックリの齧り方だったし、よくわからん方法で
代々に受け継がれてるのか?と思ってしまうほどですよ。
それとも血縁だからでしょうか。(^^ゞ

今日は柚堵の体重が増えて一安心ですが、
またお毛を激しく絡ませていて解くのが大変でした。
毎日念入りにブラッシングしているのですが、
どうにも右後足の後ろ当たりの毛がよく絡むんで
やはり回し車で擦って絡むのかもしれません。

でも柚堵では桜香のケースに入れているような
大きくて負荷も高い回し車は回しにくいだろうし
小さな絡みの元を見逃さず解いていくしかないかな。

よく食べて極めて順調な成長を見せる柊香ですが
このペースだと今週中にも100g台に乗るかな?
運ばなくっちゃ 叔母ちゃん、おっきい
柊香もエサを入れると巣箱や回し車の後などに
運ぶようになったのですが、
最初の頃は無理をしてでも頬袋に入れようとしていたのに
最近はほお袋をあまり使わず
↑左の様に一つずつ口先にくわえて運びます。
実は桜香も以前から全く同じ運び方をするのですが
やっぱりハム達の間で言葉の様な謎の伝達方があるのかも…。

まだ小さな柊香はともかくとしても
桜香なら全てのエサを一度にほお袋へ入れて
運べる筈なんですけどねぇ。
ま、大きな桜香がちまちまと運んでいるのを見るのは
可愛いと言えば可愛い光景ではありますが。^^;

そして柊香もうちでの暮らしにすっかり慣れたので
叔母さんに当たる桜香に壁越しで少しだけ会わせてみました。
両者とも怒る事無く匂いを嗅いだりしてたのは
柊香がまだ子供だからかもしれませんが、
こうして比べてみるとやっぱり桜香って大きいですよね。

ジャンガリアン ゴールデン
2月7日 耀魅 彩魅 杏魅 柚堵 桜香 柊香
サツマイモ
ニンジン
キャベツ
リンゴ
ペレット O1/2
Y3
O1/2
Y3
O1/2
Y3
O2 O2 O2
体重 50 46 37 140 193 91
今日は飼い主が長昼寝してしまい
エサタイムが1時間余り遅くなったのですが、
耀魅や柚堵の体重が軽いのはそのせいでしょうか。
いや、今日は仕事が休みで天気も思わしくなかったので
部屋の掃除を念入りにやっていたのですが、
掃除したてのホットカーペットカバーが
えらく気持ちよくってうとうとと、ね。(; ̄ー ̄A

でも柚堵は昨日も体重が減っていましたし
食欲は安定していそうなんだけど
やっぱり要注意だと思います。

そして彩魅と杏魅が今日で生後3ヶ月となりました。
ひょうきんやねぇ ホワイトフェイス?w
そして、それぞれ独立してから1週間、
特に変わった所も無く元気にしています。
ただ、今日のエサタイムに温室から
”カシカシ…”って音が聞こえてくるので見てみると、
彩魅が回し車を留める円錐状のネジを
一生懸命齧っていたのでした。

で、私が見ているのに気付いた彩魅は
こちらに背中を向けた齧っている体勢のまま
海老反る様に首だけをぐにゃりと後ろへ曲げてこちらを見ていて、
アザラシかお前は」と飼い主に突っ込まれてたのでした。(笑)

↑の写真も絶妙なポーズで写ってますが
彩魅はふとした瞬間に面白いポーズを取るので
見ていて本当に飽きない子ですよ。

そして杏魅は顔がすっかり白くなりました。
毛足が長いのは写真でも解りますよね。
相変らず小さいんだけど、
今日はよく食べていたし元気だし良しかな。

生後3ヶ月を過ぎた事で耀魅と彩魅のお見合いも
いよいよ間近となってきていますが、
もう2年もうちでは繁殖を行っていないので
このペアはうまくいってくれるといいな。^^

今日も綺麗さっぱりエサを食べきっていた柊香ですが
体重は一気に4gも増え90g台に乗りました。
キャベツを増やしてもお腹の調子は変わらないですし
最近は食欲が増しているようですので
今日はサツマイモを増やしておきました。
でもあんまり急いで大きくならなくてもいいんだけど…とも思う
複雑な心境の飼い主です。(^_^ゞ

ジャンガリアン ゴールデン
2月6日 耀魅 彩魅 杏魅 柚堵 桜香 柊香
サツマイモ
ニンジン
キャベツ
リンゴ
ペレット O1/2
Y3
O1/2
Y3
O1/2
Y2
O2 O2 O2
体重 51 46 37 142 191 87
分けて以来、巣箱でチッコをしなくなった彩魅と杏魅ですが
回し車でしていたのはどちらだろうと思っていたら、
両方とも汚れているので2匹でしていたようです。^^;

回し車でするといってもびしょ濡れになるほどはしないし
少しずつする量は減ってきているようなのですが、
頻繁に外して洗うのは大変なので
早くトイレだけでするようになって欲しいものです。

今日は一日中、雪がちらつくほど寒かった…
のは関係ないと思うのですが、
まだ歯を切って間もないのに柚堵が体重を減らしてました。
エサはいつもと同じぐらいに食べていたんだけど
たまたま、なんでしょうかねぇ。
2歳間近のお年寄りハムなだけにちょっと心配です。

ここ数日、2個のペレットも食べきっていて
仔ハムらしい食欲を見せてくれる柊香です。
ただ、巣箱の破壊はより進んでしまい
とうとう昨日、新しい紙巣箱に替えました。
まだ大丈夫
そして今日の夕方に見ると巣箱が移動して
十時窓をこちらへ向ける形で止まってましたが、
ここはまだ齧り切っていなかったようです。
でも底は齧りまくってすでに一部穴があいてますし
底で組み合わせてる部分を齧りきり
底が抜けてしまうのも時間の問題かも。(^^ゞ

ジャンガリアン ゴールデン
2月5日 耀魅 彩魅 杏魅 柚堵 桜香 柊香
サツマイモ
ニンジン
キャベツ
リンゴ
ペレット O1/2
Y3
O1/2
Y3
O1/2 O2 O2 O2
体重 51 46 36 144 193 86
大きな回し車を夜な夜な回しまくっているからか
体重が51gから増えなくなった耀魅です。
文字通り飛ぶように走っていますし
少々組み合わせに難がある回し車なので
すっかり走りなれた最近はますます音が大きいのですが、
耀魅の健康に役立ってるのならそれが一番です。(^^ゞ

歯を切って数日、じわじわと体重が増えてる柚堵ですが、
歯が伸びてきても余り減らない代わりに
切ってからもそう極端に増えなくなりました。
手に乗せて触ると肉付きもまだまだいいですし
体重も安定していていい感じです。^^

それと今日は柚堵がなかなか巣箱から出てこなかったので
巣箱ごとケージの外へ出す事になったのですが、
たまたま巣箱の出入り口にあった
デジカメのストラップが気に入ったようでして
一生懸命巣箱の中へ引き込もうとしてました。
欲しいの、欲しいの
こういう時でも飼い主が引っ張ると
すぐに離したりする事が多いのですが、
今日は飼い主が引くとむしろ強引に引っ張ってきて
よほどこのストラップが欲しかったようです。

でもやるわけにはいかない物なので
柚堵がくわえ直そうとした隙にさっと取り上げましたが
何かを訴えかけるかのような柚堵の顔を見て
少し心が痛んだ飼い主です。(^_^ゞ

落ち着いてきたかに見えた桜香ですが
何か考えを巡らしていただけだった様で、
以前の様に昨晩から給水器の飲み口を
横からくわえてガシガシ齧るようになりました。(;´Д⊂)
ただ、給水器事態はガッチリ固定されてるし
抱きつく事もできないので
びしょ濡れになるって事は無いんだけど、
給水器をいじる分、水を多く飲んでいるようで
またチッコの量が増えていました。

じゃ、以前の様に取り外してしまえばどうかとも思うけど
今度は飲み口を入れる穴を齧って拡張工事をされそうですので
迂闊に外す事もできず、暫く様子を見て余りに問題があるようなら
次の手を考えようと思います。^^;

ジャンガリアン ゴールデン
2月4日 耀魅 彩魅 杏魅 柚堵 桜香 柊香
サツマイモ
ニンジン
キャベツ
リンゴ
ペレット O1/2
Y3
O1/2
Y3
Y4 O2 O2 O2
体重 51 46 37 143 192 85
杏魅は今日もペレットを残していましたが
体重やその他に心配な所は無く、
やはり今の主食の量が多いのでしょう。
昨日は杏魅のペレットの欄を書き換え忘れていましたが、
イースターのペレットを2つ残していたので
オリエンタルのみとし、今日は逆だったので
一昨日と同じだけのイースターのペレットを入れてます。

大柄な耀魅や太り気味の彩魅と比べて
一回り以上小さい杏魅ですし、
手に乗せると仔ハムを触ってるかのようにも感じますが、
最近は気付けば大きい子ばかりになってる我が家ですので
杏魅のような子がいてもいいかなと思う今日この頃です。(^_^ゞ
進む脱色&モコモコ化
それと↑は昨日、杏魅を布団の上で
遊ばせている時に撮った写真ですが、
モコモコ化と脱色が共に進み続けてます。
腰の辺りに濃い灰色の元の毛が残ってますが、
生え変わった所と比べてハッキリと短く、
段になっていますよ。

顔なんかは最近はむしろ目の周囲だけが黒っぽく
他はほぼ真っ白になっていて微妙にアナグマちっくですし
どこまでこの脱色は進むんでしょうかねぇ。^^;

迎えて始めて体重を減らしていた柊香ですが
エサはキッチリ食べきっていたので心配は無いでしょう。
あ、それとこちらも変え忘れていたのですが
一昨日からキャベツを増やして2gとしています。

よく馴れてくれてるしとにかく元気で
特に心配な所も無い柊香ですが、
うちのゴールデンでは珍しい荒業まで見せてくれました。
久しぶりに見た…
トイレから給水器へ登るのはもう当然の様にやってますが、
更に蓋代わりの金網に手をかけてうんていまで始めました。
ジャンハムではよく見る姿ではあるのですが、
ゴールデンがぶら下がってるのは久しぶりに見ました。

このままぶら下がりつつ右奥の巣箱の上まで行って飛び降り
三角屋根に降りるも当然の如く滑って落ちてましたが、
これって余裕で金網に手が届く木の巣箱を入れると
常習化してしまうんじゃないかと不安になりつつ見ていた飼い主です。

ま、大きくなれば自分の体重を
手で支えられなくなるとは思うんですけどね。(; ̄ー ̄A

ジャンガリアン ゴールデン
2月3日 耀魅 彩魅 杏魅 柚堵 桜香 柊香
サツマイモ
ニンジン
キャベツ
リンゴ
ペレット O1/2
Y3
O1/2
Y3
O1/2 O2 O1 O2
体重 51 47 37 142 193 86
昨日は杏魅が巣箱の屋根を飛ばしてましたが
今日は耀魅がやってくれました。
派手な引っ越し
屋根が飛ぶだけでは飽き足らず、
巣箱の本体が倒れていて
巣材ごとトイレへ引っ越してました。
ここ1ヶ月以上巣箱で寝ていてくれたんですけど、
巣箱が倒れたから引っ越ししたのか
引っ越しした結果がこれなのか…どうなんだろ。^^;;

とりあえず巣箱に新しい巣材を詰めて
ちゃんと直しておきましたが、
暫くまたトイレ寝生活が続くかもしれません。

変わらず床敷き集めに余念が無い桜香ですが
最近は巣箱齧りをしなくなり、
目にする所と言えばケースの手前でアピールしてるか
回し車を回してるかで、随分と大人しくなった気がします。
今日で生後11ヶ月と1歳も間近ですので
落ち着いてきたのかな?

と、書いていると、桜香がチッコをしに出てきました。(^_^ゞ
桜香のトイレも彩魅のケージに入れたのと同じ
3画コーナー型のトイレを今も使っていますが、
中に入るとキチキチになってしまうものの
結構気に入って使っているようです。
その狭さがいいのかもしれませんが、
トイレの中に入ったまま方向転換もできるので
キチキチに見えるけどまだまだ余裕があるのかもしれません。

柊香が寝ている紙巣箱には側面に十字の桟が付いた
小窓があるんだけど、昨日まではそれを保っていたのに
今朝にはその十時部分が齧りきられてました。^^;
そして床の穴は更に広がり、
箱の底面として組み合わせている部分を
齧り切ってしまったので、
柊香が入っている時に巣箱を持ち上げると
巣材もろとも柊香が抜け落ちてしまいます。^^;;

でもまだ巣箱としての体裁は保ってるし
もう少し使わせようかと思ってますが、
翌朝時の壊れ具合を見て交換を考えます。
ま、この紙巣箱のストックは有り余ってるとは言え
交換しても今度は速攻で壊されそうですし、
早々に木の巣箱に変えた方がいいのかもしれませんけどね。(^◇^;

ジャンガリアン ゴールデン
2月2日 耀魅 彩魅 杏魅 柚堵 桜香 柊香
サツマイモ
ニンジン
キャベツ
リンゴ
ペレット O1/2
Y3
O1/2
Y3
Y4 O2 O2 O2
体重 51 48 37 141 193 84
今日は杏魅がオリエンタルのペレットを
半分ほど残していたのですが、
それ以外は特に変わった所はないので大丈夫かな。
なので今日は余したオリエンタルのペレットと
いつもより多めにイースターのペレットを入れておきました。
杏魅の体格を考えればエサの量がやや多めだと思うのですが、
2匹で一緒にいた時は残っていた事なんて無かったし、
やっぱり杏魅が残した分まで彩魅が食べてたんでしょうか。(汗

それと大きな巣箱で寝馴れているからなのか
小さな巣箱に替えて以来、杏魅は巣箱の蓋を飛ばしています。
狭いか?
なんだか久しぶりに見る光景でもあるのですが、
ココも温室化していて暖かいから大丈夫かな。^^;

そして今日は彩魅のケージにトイレを入れました。
それも気に入った?
うちでは定番なマルカンの三角コーナー型トイレですが、
これが一番丈夫で使い易いんですよね。
間に合わせの紙箱トイレでも、
ちゃんとトイレでチッコしてましたし
このトイレに替えても中でしてくれることでしょう。

柚堵は体重を維持していますが、
夕方に見てみると結構伸びてましたので
そろそろ切り頃です。
柊香を迎えたからかなんだか妙に元気な柚堵ですが、
2歳の誕生日ももう目前ですので
この調子で元気に迎えてくれると嬉しいです。^^

桜香は体重が増えて安定しもうすっかり元通りです。
隣にいる柊香の存在にも慣れたんだろうけど
最初から余り気にしてる風には見えなかったんですけどね。(^^ゞ
それと給水器を振り回せ無くなった桜香ですが
代わりとばかりにトイレ砂を外へ蹴り出し解しまくってます。
おかげでケースの中の荒れっぷりもグレードアップです。orz

ま、給水器を振り回してびしょ濡れになるより
余程マシと言えばマシではありますが、
せっかく大きくした回し車を回しまくる等
ケースが荒れない方向へエネルギーを発散して欲しいです。
あ、決して回し車を回していないわけで無く
ゴーとかゴトンゴトンとか言う重い音を立てているし
かなり活発に走っているようです。

今日で迎えて1週間となる柊香ですが、
当初の視線に怯えていたのがウソの様に
私がケースの中を覗いているのに気付くと
手前に出てきてアピールを始めますよ。
まんま大好き
仕事を終わらせて自室へ戻ってからは
テーブルの上で遊ばせるのが日課になってきましたが、
やはりテーブルの上は狭いらしくすぐに飛び降りようとしますよ。
と言うかさほど危険の無い高さ(30cm余り)と認識したのか
昨日からは躊躇無く飛び降りるようになったし。(^_^ゞ
でも後に見える組み立て式のブロックは結構気に入ってるようで
よく登ったり中に入ったりしています。
大好きな「まんま」を与えると↑の写真の様に
ちびちびと実に美味しそうに食べてますよ。^^

今日はよく食べていただけあって一気に3gも体重が増え
飼い主の手の上でも爪を立てないなど
着実に馴れも進んでいますので、
これからが更に楽しみな飼い主です。

ジャンガリアン ゴールデン
2月1日 耀魅 彩魅 杏魅 柚堵 桜香 柊香
サツマイモ
ニンジン
キャベツ
リンゴ
ペレット O1/2
Y3
O1/2
Y3
O1/2
Y3
O2 O1.5 O1
体重 51 48 37 141 194 81
彩魅と杏魅を分けて1日、
2匹の様子も特に変わること無く
1匹での暮らしを楽しんでいるようです。
彩魅はサファリへ引っ越し 居心地いい?
昨日の独立でサファリへと引っ越した彩魅です。
ただ、巣箱は今まで使っていた大きな物を一緒に移し
ホイールは黄色い方をつけています。

より世話がしやすいスドーのスターターキットの
空きケージもあるのですが、
より子育てに適したサファリへ引っ越させました。
サファリなら仔ハムが離乳するぐらいまで大きくならなければ
ケージに登る事はできないですし、
底と上の部分の組み合わせ部分で
仔ハムが手足を挟むって事も無いですから。

トイレが有り合わせの適当な紙箱になってますが
これは昨日、飼い主がトイレを買い忘れたからで
今日は外が土砂降りで買いに出かけられず、
明日にはちゃんとした物を入れてやるつもりです。(^^ゞ
小さな巣箱になりました 日々白くなる杏魅
こちらが元のケージに残った杏魅で、
巣箱は交換前の小さな物を入れていますよ。
ただ、小さな物といってもジャンが使うなら十分な大きさがあります。

ホイールが一つになり巣箱が小さくなりと
随分とガランとしたって印象を受けますが、
普通のハムスターのケージのあるべき姿でしょう。
杏魅のエサを食べる姿は特に今までと変わりないけど
やはり少しのんびり食べてるような気もします。

それにしても杏魅の白色化が進んでいます。
それに加えてかなりモコモコ度が増してるのですが
ひょっとしたらこれは冬毛の
ウィンターホワイト(Winter white)”
なのかもしれません。
ジャンガリアンハムスターの別名(正式名?)でもあるのですが、
うちで冬に白くなったって子は今までいないので
杏魅の色変わりを注意深く見ていきたいです。


ウィンターホワイト”と言う言葉が出てきたのでついでにもう少し。
ご存知の方も多いと思うのですが、
日本で普通に呼び習わされている
”ゴールデンハムスター”にも別名があって
シリアンハムスター”とも呼びます。
起源を考えると「シリアで発見されたハムスター」だから
”シリアン”の方が正式名になると思います。

シリアンの中で”ゴールデン”と言うのは本来は毛色名でして
背中一面が茶色な原種やバンデッド(腹巻ブチ)が入った
俗に言うノーマル(白茶ブチ)の色の事を指すのですが、
私が考えるに最初に日本で広く出回ったシリアンが
”ゴールデン”だったから”毛色名”がそのまま
”種名”として広まったんじゃないかと思ってます。
約20年前にもハムスターを飼っていた事がありますが、
当時は白茶のシリアンしかいませんでしたし、
シルバーだのキンクマだのブラックだのと
こんなに多彩な色のシリアンを普通に見るようになったのは
ここ数年の事、つい最近になってからです。

ま、「毛色名が種名に説」は私の仮説ですので
他にも理由があるかもしれませんが、
日本では”シリアン”が”ゴールデン”として広まってますので、
当サイトにおいては分かり易く”ゴールデン”と表記してます。

以上、ハムスターの基礎知識の一部でした。^^;
うちではページを立ててまで解説しませんが、
基礎知識はハムスターを飼う上で知っておいて損は無いですし、
こういう解説が詳しくなされているサイトがたっくさんありますので、
興味のある方はそれらのサイトをご覧になる事をお勧めします。


さて話を飼育記録に戻しまして…、
柊香の馴れが進んできたのはいいのですが
動きの方がどんどん豪快になっていて
紙巣箱の床は抜け、床敷きが破られ捲られと
すごい感じになっています。
ま、桜香のケースの中ほどではないのですが
物凄く活発な子なので力を持て余してるんでしょうか。(^^ゞ

でもそれだけ元気にしてくれているって事だし
今日には声にも反応してくれるようになって
嬉しくてたまらない飼い主でもありますけどね。(^◇^;

1日−10日  11日−20日  21日−28日
2006年2月の記録