春の湖北ツーリング
*海津大崎・マキノ高原*
〜1〜


時々寒の戻りがあるものの
4月に入ってやっと本格的に暖かくなってきた今年の春、
そろそろ北の方へもツーリングに出かけられるだろうかと
2006年4月18日に滋賀県は高島市にある
桜で有名な海津大崎とマキノ高原へ行ってきました。

今回は距離が片道100km足らずという事で
いつもより遅めな午後11時頃に家を出て、
少し買い物があったので近くにある某大型電気店へ寄り、
自宅から3km程離れた所にあるセルフサービスの
ガソリンスタンドで満タンにして午後11時半過ぎに
本格的に目的地へと走り始めました。

散り染めの京の桜
花が開いてから冷え込んだ日が多かったからか
花期が長い今年の京都の桜ですが、
流石に落花盛んで風に吹かれるたび
花吹雪となっていたこの日の川端通りです。
でもその花びらがスクリーンに絡みつくように踊っていたり
ハンドルにピタッと留まったりふわっと離れていったりしていて
走っていてなかなかに風情のある日でもありました。^^

川端通りを北上し花園橋からR367(鯖街道)へ入って
更に北上を続けるわけですが、
最初の予定では朽木村を抜けるつもりだったんだけど、
この冬に朽木村内の国道沿いで起こった
大規模な土砂崩れでまだ通過不能という事を知り、
途中峠からR477で琵琶湖大橋方面へ向かい湖西道路を使う事に。
真野IC到着
午後12時23分、真野IC到着。
無料化されて以来、交通量が増えて
渋滞も起きているらしい湖西道路ですが
この日は交通量こそ多いものの
快適なペースで流れていて、
あっと言う間に北側終点の志賀ICへ。

以前はここでR161へ降りなければならなかったんだけど
少し前に更に北へ比良ランプまで延伸されているので、
今日もそこまで走って時間を稼ごうと進んでいると
志賀ICを過ぎて少しも行かない内にベッタリと大渋滞が…。( ̄□ ̄‖
真っ昼間からなんじゃこりゃあ?と思いつつ
適度にすり抜け無理な所は車の後ろについて走り、
なんとか比良ランプからR161へ降りていくと
なんとR161に出る直前で片側車線を塞ぎ
交互通行させて道路工事をやっている。
そりゃ混むよ…。_| ̄|○

R161へ降りてみれば結構ガラガラでこんな事なら志賀ICで
降りときゃ良かったトホホ…と北上を続けるのでした。

ツーリング日和♪
R161も途中で少し混む所はあったものの
白鬚に近づき湖岸沿いを走るようになると一気にペースが上がり、
快走という言葉がピッタリな状況に。^^
↑の写真にも写っていますがこの日は平日のわりにツーリングライダーが多くて
実にたっくさんのバイクを見る事が出来ました。
ただスクーターは少なくて殆ど大型車ばかりだったかな。

教習所で大型二輪の免許が取れるようになったのと
国内向けの排気量規制が無くなったのとで
最近はバイクを見ればリッター(1000cc)クラスといった感じですが、
そこまで必要が無い、排気量が大きなバイクはいらんとばかりに
二輪免許を取って24年、250ccのバイクばかり乗り継いでいる私としては
ミドルクラスに魅力的なオートバイが無くなってしまったのは残念至極です。

ただ、そんな中でスクーターと言うジャンルではあるけれど、
”グランドマジェスティ”と言う自分が求めるものを
全て備えた車種が発売されたのは嬉しい限りですが。( ̄ー ̄)
ハッキリ言って1日に300kmも400kmも走って
尻痛や腰痛はおろか肩凝りにすらならないバイクって初めてですし、
せいぜい快適すぎて眠くなるのが欠点でしょうか。(笑)
ヤマハはこれからも「もっと先へ、もっと遠くへ」と言う
日本車に少ないこのツアラー路線を貫いて欲しいと心底思います。

話を戻してと、
今津から先、信号が無くなり自動車専用道の様になるR161を
快適に北上していると比良山系北部の山々が左手に見えてくるのですが、
白鬚まではせいぜい山頂部に少しの残雪が見えるだけだったのに
中腹の谷間にも多くの残雪が眺められるようになり、
心なしか気温まで下がってきたように感じましたよ。
そしてJRマキノ駅の近くで国道から離れ海津大崎へ。
海津大崎
マキノビーチ沿いの湖岸道路を走っていると、
右手に開けた場所があり海津大崎が一望できました。
この日は黄砂が濃かったものの天気は良くて
穏やかな日差しが花見にもちょうど良かったです。

桜も満開を迎えたばかりの見頃で良かったのですが
この花見日和とも相まって岬へ近づくと混雑が激しく…。^^;
花見客多し
↑はいよいよ桜のトンネルが始まる所ですが、
少しでもスペースがある所に車が路駐していて
もう信じられないほどの大混雑振りでした。
でも、自分もそんな花見客の1人だしと車の後ろをノロノロ走り、
空いたスペースを見つけてバイクを停めました。(^^ゞ

バイクを停めた所が売店から少し離れた所だったので、
波打ち際の遊歩道へ降り写真を撮りつつ売店へ向かうことに。
湖面と桜 見事な景観
空がすっきりと晴れていればもっと良かったんだろうけど
それでも十分すぎるほどに素晴らしい景観です。

んで売店で買ったものは…
またタコヤキ…w
またタコヤキだったりします。
いやあもう大好きなんですよ。(^◇^;
砂浜の近くに腰を下ろし目の前に広がる琵琶湖や
頭上に咲き誇る桜などを眺めつつ食べていたのでした。

食べ終えた後も体を伸ばしたりしてゆっくり休み、
バイクの元へ戻って綺麗な所へ移動して記念写真。
海津大崎にて
つくづくバックが青空じゃないのが残念ですが
それを補って余りある見事な桜です。

再び走り始めトンネルを幾つか越えて岬を回り
二本松へ抜けると混雑も無くなりまた快適な走行へ。
二本松の桜
でもこちらも並木として桜が植えられていて、
岬全体で花見が可能な海津大崎です。

岬の北側の入り口である大浦から
R303を目指して琵琶湖を離れて北上。
R303へ入って今度は西へ奥琵琶トンネルを目指して進んでいると
歩道を歩く警察官二人が何かを巻き取っている…。
なんだろう?と思う間もなく目の前左手にこちらを向いてるまあるいお皿が〜。

レ、レーダーや!と一瞬慌てるも傍で座ってる警察官はおらず、
先ほどの様子からして撤収準備をしている最中の様でした。(^_^ゞ
いや、制限速度付近だったので慌てる事も無かったのですが、
以後の運転がより慎重になったのは言うまでもないっす。(笑)

R161へ合流して南下を始め小荒路(こあらじ)交差点で右折、
一路マキノ高原へ向けて進んでいったのでした。

次へ