愛媛旅行記・2004


序章

2003年のお盆に愛媛へ行って1年足らずの7月始め、
携帯に今年のお盆もまたいらっしゃいませんか?と言う
のんちさんからのメールがありました。
夏休みはいつもどおり取るものの予定は殆ど無しと言う
暑い季節なのに非常に寒い状況でもあり、
今年の4月に長旅に向いたGマジェに乗り換えたということもあったので
お言葉に甘えて今年もお邪魔させてもらう事になりました。(^^ゞ

その後、こまさんとも連絡を取り合うこと数回、
日程が8月19日、20日と決まり、
8月に入ってからはハマっているオンラインゲームも控えて
体調管理に勤め、8月17日からお盆休みに突入して
いよいよ愛媛行きが目前となりました。

そして私の盆休みと期を同じくして日本の南海上で発生した台風15号…。
今回は旅の前からコイツの動向に
振り回されることとなったのでした。(; ̄ー ̄A
前日、18日の予報でも日程中は雨の可能性が高く
やはり今年も合羽を着て走る事になるのか…と思いつつ
18日は午後10時頃に床に着いたのでした。

では、これよりいよいよ本編です。


8月19日木曜日 午前4時50分起床

今年は出かける前のハム達の世話に時間がかかるので
去年より少し早めの起床でしたが、
数日前から始めていた早寝早起きが効いたのか
目覚ましが鳴る10分前に目が覚めました。

そして夜中に少し起きた時に雨音が聞こえていたので
雨やろうなあと思いつつ布団から起きても
妙に屋根が静かで鳥の声も盛んに聞こえる…。
カーテンをばっと開けて外を見ると
白々と明け始めた朝の光に照らされていた
周囲の屋根が少し濡れていたものの
雲の切れ間はあり思いのほか天気が良い模様。( ̄ー ̄)

よしよしと思いつつ朝食を取りハム達の世話を済ませて
すっかり夜が明けた外を見ると雲の切れ間は更に広がり
綺麗に澄んだ青空が目の前に!
晴れた〜!!
よっしゃ〜!!
と朝っぱらから叫ぶ私。でもそれくらい嬉しかったんですよ。(^◇^;
昨日の内に準備をしておいたデイバッグの中身を再び確かめ、
ハム達を1匹ずつ手に乗せて暫しの別れを告げてました。
そして出発する事をこまさんに携帯メールで告げ
折り返しかかってきた電話で天気等の情報をやり取りしたあと
メッシュジャケットを着込んで自室を後にしバイクのもとへ。

午前6時45分始動
バイクのエンジンを始動し暖機運転をしている間に
荷物を積み込み午前6時50分、自宅を発ちました。
去年よりも20分ほど早く発つ事ができましたが、
お盆は過ぎ世の中はすでに動き始めていたからか
思いのほか京都市内は混雑していました。
とは言え渋滞が起こるほどではなく、
ましさんちの近くを通り過ぎる時に
預かっていただいてる魅月に向かって
「帰りに迎えに来るからな〜」と念を送ったりしつつ
30分ほどで名神高速・京都南ICへ到着し、
一路愛媛を目指して西へ走り始めました。

去年はバイクがセローそして合羽を着込んでの高速走行と
風圧受けまくりだったり、吹田JCTを過ぎた辺りで
滝雨(笑)池路面(爆)に出会ったりして大変でしたが、
今年はバイクとは思えないほど風が体に当たらないGマジェ、
来ているのがメッシュジャケットにメッシュグローブ、
おまけに西へ進むほど天気が良くなり
信じられないほど快調な高速走行を楽しんでました。^^

しかしGマジェって速度が上がるほどに
風の巻き込みが少なくなるようで、
100km/hぐらいでちょいと頭を下げてスクリーンの中に入ると
ヘルメットが巻き起こす乱気流の音が聞こえなくなり
タイヤが発するロードノイズと信じられないほど静かなエンジン音、
車体のどこかで空気が巻くフィーと言う小さな音が聞こえるのみで
まるで乗用車に乗っているような静粛性です。
そしてその速度域での乗り心地や直進性が最も良くて
文字通り滑るような走行感ですよ。( ̄ー ̄)v

市街地では暑いだけのロングスクリーン
持て余すほどに大きく重い車体ですが、
高速を走るたびにこの速度で走らせてこそ
最も生きるバイクなんだと思い知らされますよ。

ただ、心配していた雨は無かったものの
風は凄くて防音壁が低い
橋の上などでは激しく振られることがあり
十分に気をつける必要はありましたよ。

吹田JCTから中国道へ神戸JCTで山陽道へ進み、
神戸淡路鳴門自動車道と分れる三木JCTを過ぎてすぐの所にある
最初の休憩地、三木SAに午前8時5分に到着しました。
三木SAにて
自宅を出て約1時間15分、去年より30分近く早く到着できて
おまけに疲労感は全く無しとコイツでの移動は本当に快適です。
トイレをしたり自販機で紙コップのアイスコーヒーを飲んだりしつつ
15分ほど休憩して更に西へ向けて走り始めました。

この調子ならもう休みを入れずに
一気に瀬戸大橋を渡っちゃえそうな勢いでしたが、
今年は川内まで高速を使わず松山道に入ってすぐの
土居ICで高速を降りて、残りはこまさん&のんちさんと一緒に
一般道を走ろうと話し合っていて、こまさん達が一般道で
土居まで来る都合もあり、岡山県に入ってすぐの福石PAで停まり
電話で連絡を取り合っていました。

福石PA到着
午前9時10分に福石PAに到着、
連絡を取り合った結果、時々小雨は降るものの
走行に問題となるほどは降っていないとのことで
予定通り土居ICを降りた所で集合、
途中、休憩を入れた所でメールで連絡すると話し合って
休憩もそこそこに福石PAを発ちました。

福石PAを発つ時に燃料計を見るとまだ半分以上あり、
なんとか土居までもつかなあと思いつつ
去年は停まった吉備SAを通り過ぎ、
岡山、倉敷両JCTを過ぎて瀬戸中央道へ入り
橋の手前最後の給油地である鴻ノ池SAも通り過ぎたのですが、
橋に入ってからは突風を伴った猛烈な向かい風に晒され
与島PAの手前で半分あった燃料計が
一つ減って残り2セグメントに…。(汗

午前10時19分、とりあえず予定していた休憩地である
与島PAに寄りトイレと飲み物休憩で10分ほど停まりました。
与島PAにて
一息ついてからにこまさんへメールを送り、
↑の写真、後に見えるループを登って本線へ戻り
なんとか豊浜SAまではもつでしょうと走り始めたのでした。
というか豊浜SAまで高速では給油できない罠…。^^;;

時折、右へ左へ振られながらも瀬戸大橋を渡り
坂出で本日最初の料金所へ。
バイクを停めて通行券とETCカードを渡したりしていると
料金所のおっちゃんが「今日は風が強くて大変でしょう」と。
「でも雨が降らんだけマシですわ」などと会話したりしつつ
カードと領収書、新しい通行券を受け取り、
坂出JCTから高松道を西へ向けて走り始めました。
そしてすぐに燃料計は残り1セグメントとなり、
さぬき豊中ICを過ぎた辺りで
残り2リットルを示すフューエルトリップが作動。
点滅する燃料計を見ながらの走行となりました。(滝汗

0.1kmずつカウントアップしていく
推定走行可能距離を示すフューエルトリップメーターを
時々見つつ少しでも燃費を稼ごうと
スクリーンの下にもぐりこみながら走る私。
豊浜SA到着、フューエルトリップ作動中
でも大野原ICを過ぎて豊浜SAまであと2kmの看板を見、
フューエルとリップメーターを見ると推定走行可能距離が
6kmを越えていたのでほっと胸を撫で下ろし、
午前11時19分、無事に豊浜SAに到着しました。(; ̄ー ̄A アセアセ・・・

高松道に入る少し手前辺りから
川之江東JCTから大豊、雨の為通行止の
電光掲示がされていたので
駐輪場へバイクを停めて念のため合羽を着込み、
SAのガソリンスタンドで給油したのち土居ICを目指し走り始めました。

自宅から豊浜SAまで約305km、前回給油してから319km、
給油量が11.28リットルでしたので燃費は約28km/l。
高速を走ってこの燃費なら上々でしょう。
それにフューエルトリップは残り2リットルで作動とありましたが、
残り3リットルくらいで作動していたようです。
それに福石PAから豊浜SAまで約140kmを約2時間と、
途中で休憩を入れたとは言え燃料を気にしつつ
ペースを抑えて走ったので思ったよりも時間がかかりました。(^_^ゞ

本線へ戻り川之江JCTから松山道へ入り
三島川之江ICと通り過ぎ合羽を着込んだものの雨は降らず
午前11時40分頃、高速を降りる土居ICへと到着しました。

次へ