下道ぶらぶらツーリング
〜青山高原から信楽へ〜
走行日:2007年3月26日月曜日

*京都-伊賀市-青山高原-信楽町-京都*
1  


*序章*

今月は和歌山は白浜の方へ走りに行ったので
もうツーリングには出かけないでおこうと思っていたのですが、
南紀白浜ツーはバイク友達にも会ったし色々と楽しかったものの
高速や国道をただ往復してきたただけって感じだったし、
コレは自分のスタイルではないぞと。
もっと県道とか狭小路を走りたかったぞと。

…マゾライダーゆーな。(笑)

いや、ま、無理に白浜まで行った
自分の自業自得なんですが…。(^◇^;

そんな感じで若干燃え残ったものが溜まってたのもあり、
前日の25日に雨が降ったから
ひょっとしたら見通しも良くなっているかもと
下道オンリーで青山高原まで出かけることにしたのでした。


*1:自宅→青山高原*

距離的には大した事ないけど下道のみなので
時間はかかるだろうから早めに出たかったんだけど、
午前6時半に起きても何故かいつも通りの午前8時半出発。

昨年末の走り納めツー1月の伊勢ツー、そして前回の南紀白浜ツー
かなり寒い中でのツーリングが続いていたのですが、
今日は久しぶりにオーバーズボンを履かないで済む走り始めで
春が来たんだなあと全身で感じながら走っていったのですが、
年度末と言う事もあってかもう信じられないほどの大混雑。
堀川通りから新油小路通りを通って南下して行ったのですが、
もう、時間がかかる事、かかる事。
普段なら30分ほどで来れる久御山JCTまで40分以上かかり、
ようやく流れ始めたR24を更に南下していったんだけど、
城陽のバイパス区間を過ぎて2車線区間へ出ると
ビッチリ車で詰まっててもう全然動かない。^^;;

どれだけ京奈道を使って木津まで行こうかと思ったのですが、
今日の「下道オンリー」ってテーマは外せないと
意地を張りつつ混みまくるR24を車の流れに乗って南へ南へ。
すると国道沿いにあったレッドバロンの店頭に
オレンジ色のエプシロンが〜。
エプ発見〜
当然、和歌山原住民(SD144)さんのではないですよ?(^◇^;

ナンバーが付いてない割にはいじってあるなーとか、
妙に縁があるなーと思いつつ進んでいったのでした。
木津川沿いのR163へ

町と町の間は比較的よく流れてるけど
信号が多い区間では再び混むと言うのを繰り返し、
午前11時15分頃にようやくR163へ入る木津へ到着。

この写真だとやたらと空いて見えるR163ですが、
この先あちこちで工事をしていて対面通行となり、
完全に渋滞から開放されたのは
伊賀市に入ってからになりました。(^_^ゞ

最高にいい天気だけが救いです。

ようやく伊賀上野へ

ようやく自分のペースで走れるようになった伊賀市内、
時間はすでに正午前。
正午には青山高原に着ける予定だったんですけどねー。^^;

ま、予定が狂うのも旅の内とR25とR422の
併走区間を南へ走っていったのですが、
どうやらR422へ入る道を過ぎてしまったらしく
名阪国道を過ぎてようやくそれに気付くオレ。

また去年のようにアホになってしまう所だった…。^^;;

県道突破中

路肩が広くなっているところにバイクを止め、
地図を取り出し見てみると、一つ↑の写真の
交差点を過ぎてすぐの所でR422へ左折しなければ
ならなかった事に気づいたんだけど、
そんな案内看板は無かった様な気がするんだけどなぁ。(^_^ゞ

それに引き返すってのも癪だったので、
この先を少し行った所から始まる県道688号を左折すれば
R422へ合流できそうな事に気付き、
とりあえず東に向かって走れば着くだろうと
意を決してやたらと数字が大きな県道に突入〜。

想像通り畑と住宅地の中を通る狭くて入り組んだ道だった訳ですが、
時間は正午、太陽はほぼ南中してるんだから影は北へ伸びるし
太陽を常に右手に太陽が見えないなら、
右から左へ道路に伸びる影を見るように走れば絶対に通り抜けられると、
行き止まりになりそうな道や人んちの庭先に出そうな道を
今までの経験とカンを生かしつつ避けながら走り、
もう幾つの角を曲がったか分からなくなった頃、
突然目の前に川が、そしてその向こうに2車線の道が…。

うっしゃー、たぶん突破したど〜!d(≧▽≦*d)
R422へ合流〜
地図で確かめると確かにR422のようだったけど、
やや心配しながら走っているとガードレールの端に
(422)っておにぎりシールが。( ̄ー ̄)v

ただ途中から県道688号を大きく外し、
予定よりも南の方での合流となったようですが、
ま、結果オーライと言うヤツでしょう。(笑)
それに一方通行区間が無かったのがラッキーでした。

R422沿いのコンビニでおにぎりとお茶を仕入れ、
ほどなく青山高原へと続くR165との交差点である、
去年は「アホやアホや」とウケつつ
自らが大アホになった阿保に到着。(^_^ゞ

その交差点を左折してR165の上り坂を登っていき、
青山トンネルの手前で青山高原道路へ。
相変わらずビッグスクーターでは辛い
急坂かつ急カーブの道をえっちらおっちら登り、
ようやくと言った感じで緩やかな尾根道に出ると
眼前に風力発電所の風車が林立する風景が。
青山高原道路と風車

ここへ来るのは2度目ですが
この開放感といい緩やかに続く尾根道といい、
バイクで走るのに最高の場所です。
しかしこうも周りが開けていると、
自分が標高700m〜800mの位置にいるってのを
忘れてしまいそうです。

高原道路を進みいよいよ風車が間近に迫ってきた頃、
休憩所つきの駐車場に午後12時30分到着。
予定より少し遅くなったけど、まあまあのペースかな?

駐車場にて風車と共に


下界は17〜18℃ぐらいあって
いかにもツーリング日和だったのですが、
ここまで上がってくると気温は12℃まで下がり
来ている人も少なくて
車がポツポツと停まっている程度でした。
休憩所もまだ冬季閉鎖中のままでしたしね。^^;

それでもこの写真を撮っていると
タンデムしたバイクが入ってきたりして、
やっぱり人気が有る所なんだなあとは思いましたが。

それにしても標高が高い所に来ているからか
青空の色がより深くなりとても印象的でした。

今日の昼ご飯

ただ、風がとんでもなく強く、とてもじゃないけど
吹きっさらしの所では体感温度下がりまくりで
じっとしていられないし、閉鎖されていた休憩所を
風除けにして先ほど買ったおにぎりで昼食に。

時間的にもう殆ど売れちゃってて
サケは高いのしか残っていなかったのですが、
値段なりに身は大きいし脂も乗っているしで、
かなり美味しく頂く事ができました。( ̄人 ̄)


これで期待通りの風景が広がってれば良かったんだけど、
残念ながら霞が広がっていて、
伊勢湾まで見通すことはできませんでした。
春はやっぱり霞が広がりやすいから、
むしろ初夏か夏の方が良いのかもしれません。
霞む風景
でも十分過ぎるほどの高度感は味わえましたけどね。( ̄ー ̄)

おにぎりを食べ終えてお腹も落ち着いてきた午後1時過ぎ、
R165の一つ北を走るR163へ向けて青山高原を発ちました。

次へ