2007年走り納めツーリング
〜湖岸をぶらぶら、帰りは高速w〜

走行日:2007年12月18日


11月半ばに和歌山へ行って以来、
天気が悪かったり他の用事があったりで
まともにツーリングに出かけられなかったのですが、
今日はスカッと晴れてそこそこ暖かくなったので
走りに行かなきゃ後悔する〜!って感じで、
琵琶湖を見に行く事にしました。(^◇^;

3時間ほどで帰ってこれるだろうと言う事で、
午後1時を過ぎてから用意を始め、
走りだしたのは午後1時20分頃。
やっぱりコレでなきゃ( ̄ー ̄)
距離的に100km走るかどうかなので
スニーカーで行こうかと思ったけど、
やはりここはツーリングらしさを出す為にも
トレッキングシューズを。
ま、防寒対策もありますが。^^;

ぽかぽか陽気の京都市内を東へと走り、
山科の渋滞をようやく抜けて
午後1時45分に京都東IC前に。
いい天気だ〜♪
この青空を見ちゃうとね、我慢できないです。(笑)

無論、行きは高速は使わずR1に合流して
逢坂山を越えて滋賀県は大津へ。
下り坂を走りつつ、さてR1で瀬田まで行くか、
浜大津へ下りるかと少し悩んだのですが、
なんとなく浜大津方面へ下りそびれてしまったので
そのままR1を進むことに。
でもやっぱり先々で渋滞していましたが…。^^;;

でも焦らず渋滞にくっついて走りつつ、
午後2時過ぎにR1から湖岸道路へ下りて、
瀬田の唐橋を渡り東岸に伸びる夕照の道へ。
冬日煌めく瀬田川
近江大橋に近づいてきた所で、
バイクを停められる所を見つけて記念撮影。
琵琶湖から瀬田川へと名前が変わる部分ですが、
「夕照の道」と言う愛称ピッタリの
素晴らしい湖岸風景を見る事が出来ました。^^

そして少し進むと今度は虹が!
虹だ〜!
ここでは立ち上がる部分ぐらいしか見えなかったけど、
近江大橋の下をくぐり矢橋帰帆島の南橋上からは
完全に半円の虹として見えましたよ。
ただ、止まって撮る事が出来なかったのが残念かな。(^^ゞ
そして今日は琵琶湖大橋の袂まで、
消えたり現れたりする虹を追う事になります。

帰帆島を過ぎると湖岸道路はフラットな快走路となり、
多くのツーリングライダーとすれ違いました。
北風が吹き荒れる琵琶湖岸はかなり寒かったんですけど、
好きな人、多いですねぇ。(笑)
緩やかなコーナー

伸びやかな直線

「さざなみ街道」と名付けられたこの区間は
緩やかなコーナーと伸びやかな直線で構成され、
その見晴らしの良さと共に
関西のツーリングルートの中でも一、二を争うほどに
走っていて気持ちのいい区間です。

それにしても冬空らしい青空が綺麗です。

そんな感じで午後2時半過ぎに琵琶湖大橋の袂に到着。
自宅から40km余りの距離になり、
すり抜けなどの無理をせず1時間余りですから、
ほぼいつも通りのペースかな。
狭い日本、そんなに急いでどこへ行く…ですね。( ̄ー ̄)

でも、バイクで走ってると日本って十分広いけど。(笑)
虹と共に…
KEマリーナを通り過ぎた、
いつもの場所にバイクを停めて記念撮影。
比良山系はすっぽりと雲の中ですが、
Gマジェの先にうっすらと虹が出ていて、
虹を追いかける楽しみまで加わり
短いけど楽しいツーリングになってます。(^o^)

逆を向くと煌めく琵琶湖と走って来た道が。
走った道を振り返る
1時間ほどでこう言う所へも来れるし、
いい所に住んでるよなーって思います。

さて、帰りはどうしようかと凍えつつ考えてたのですが、
西岸の山沿いは100%雨が降ってそうなので却下、
でも今来た道を戻るのもシャクだなあと、
今年はこれで最後だし高速を使って帰るかと、
ETC車載機にETCカードを挿入して、
R8を目指し栗東方面へ足を進める事にしました。

ま、ここからR8までが遠いのは知ってたのですが、
久しぶりに走ってみると思った以上に遠くって、
R8に合流するまで30分以上かかってたりして。^^;

もう湖岸道路を素直に帰ってた方が
絶対に早かったなと思いつつ、
でも、もうここまで来ちゃったしと
自分の馬鹿さ加減に苦笑しつつ、
栗東ICから名神高速へ。(笑)

あそこら辺へ行こう」って感じの、
予定を立てない旅って楽しくて仕方ないです。(爆)

とろとろ走る市街地走行で弱りつつあるバッテリーに、
元気をチャージするかのように久しぶりの全開加速を
Gマジェにくれつつ始まった高速走行でして、
草津IC辺りでは夕日が路面に反射していて
それはそれは綺麗な光景だったのですが…、
そろそろ膀胱が限界かも。^^;;

と言う訳で、すぐ先にある大津SAへ避難避難〜。
大津SAにて
駐輪場からは湖南の風景が見渡せて、
とても眺めのいいSAです。
でももう破裂しそうなので
この写真を撮って速攻トイレへ。

あ、無論、間に合いましたよ?(笑)

用を足した後でSAの土産物売り場を一回りしたり、
砂糖増量のカフェオレブレークと洒落こんだり。
ここからも琵琶湖が良く見えます
店内からも琵琶湖がよく見渡せて、
休憩をするには本当にいい所です。

腰に付けた携帯から「ハムエサアラーム」が鳴ったりして、
そろそろ帰るかと駐輪場へ戻ると…、
ゴールドウィングだ〜!
マイGマジェの横にゴールドウィングが!

中型セダンが余裕で買えるほど、
たっかい1800ccのオートバイなのですが、
最近はよく見るんですよねー。

でもこうして見ると、
Gマジェも貫禄負けしてないよね?
…と、親ばかしてたり。w

大津SAを出て数分もしない内に京都東ICに到着、
高速を降りて京都市内を走り抜け、
午後4時24分に自宅へ戻ってきました。
午後4時24分帰着
走行距離は89km、
予定通りほぼ3時間の行程でしたが、
余分な事をしてなければ、
もっと早く帰ってこれたでしょうね。(^_^ゞ
ハム達は少し待たせてしまいましたが、
そうは遅くならなかったし、
悔いなく楽しんでこれたので良しでしょう。(^◇^;

それにしても今年は色々とよく走りに行きましたが、
来年は能登へ行こうかとか、
土佐へ行こうかと思いを馳せつつ、
今年最後のツーレポを締めたいと思います。

あ、先月行った和歌山ツーですが、
その内に作ると思うので気長に待っていて下さい。
ただ、猫と電車がやたらと出てきますが。(笑)

2007年走り収めツーリング 完

2007年12月18日 記


カゼノウタへ戻る

閉じる