2008
京都北山避暑ツーリング

走行日:2008年8月5日火曜日
1 


*1:京都−佐々里*

今年の夏は若干の体調不良も手伝って
泊まりがけのロングツーリングには行けないんですが、
川や滝の写真を撮りながら走ろうと
近場で色々楽しみながら走ることとなりました。

行先は美山から佐々里周辺。
まー、ホームグラウンドってヤツですな。(笑)
でも今年は写真がメインになっているので
例年とは逆回りで周山街道から美山を目指す事に。

るんるんと機材準備〜♪
A09をメインレンズに広角用のシグマ17-70mm、
望遠用のEF55-250mm ISとお気に入りのEF100mm。
後はレリーズやら三脚やらフィルターやらと、
ロードサイドでの撮影用にIXY DIGITAL。
いつもよりやや重装備な三脚以外のデジ一グッズを
ザック型カメラバッグに詰め、E470に放り込む。
このリアボックスは収容能力が大きくて助かります。

そして今日のお供はカシオのプロトレック。
山行きには頼れるヤツなのです。( ̄ー ̄)

高速のようだ

自宅を出て周山街道を北上して30分余り、
京北町周山までやってきました。

昔は狭くて信号が多いメインストリートを
走っていた周山街道でしたが、
今はご覧の通り高速と見まがうばかりの
周山バイパスが完成していて
あっという間に通り過ぎていけます。

下弓削ストレート

周山パイバスの完成によって
周山から深見峠への入り口である鴨瀬までの間が
大きなコーナーと長いストレートで繋がれる事になり、
R372並みの快走ルートに変貌しました。

ただこの下弓削ストレートを始めとして
ネズミ捕り多いので飛ばしちゃダメですよ?(笑)

上弓削の集落

上弓削ストレートから上弓削の集落を見る。
昔はあの家の軒先をかすめるように伸びる道を
走ってたんですが、細く入り組んでて大変でした。

それにしても周山から上弓削までは
このような里山の風景がずっと続くので
京都周辺では1、2を争うぐらいに
自分の中では好きなルートなのです。^^

安心して路駐できる所も多いですからねー。

また今度〜(^^ゞ

上弓削ストレートを過ぎると深見峠。
その麓にあるのがライダー御用達のカモノセキャビン。

でも今日は通過〜、いつでも来れますから。(^^ゞ

部分的に広くなったり線形を改良されているけど
くねくねと杉林の中を続く深見峠を走り抜けるともう美山。
京都から約50km、1時間の距離。
周山街道の中間地点と言う事もあり
大きめなガソリンスタンドやライダーが集まる道の駅もありますが、
今日の目的は谷川の撮影なので止まらず、
府道38号に入りかやぶきの里方面へと足を進めます。

府道38号も年々道が良くなってますが、
この直角カーブがある細い橋も
早晩、新橋へとルート変更になりそうです。

スムーズに走れるようになるのは概ね良い事ばかりですが、
なんとなく走ってて変化が感じられにくくなりそうで
ちょっと残念な気もする狭路好きな私です。(^^ゞ

自宅を出て1時間余り、美山かやぶきの里に到着です。
落ち着く所です
若干、観光地化し過ぎてるきらいもありますが、
まあ、日本の原風景が残る良い所です。
ざりざりざり…

で、こんな所へ乗り入れたりしてね。

すんません、ざりざりと言う音と感触を楽しめる
未舗装路も大好きです。(笑)
滑る感じがなお良し。(爆)

でもこうして舗装路が入らない道の写真って
なんかほっとします。

食わんといてちょー

この畔道の傍らには
由緒正しそうなかかしさんが。

効果云々の話ではなくて
田んぼの脇にかかしがいると
ほっとする風景になるなぁと思う、
田舎出の私です。(^^ゞ

集落の中の細い道をゆっくり進んでいると
かやぶき屋根の葺き替え作業が行われてました。

部分的な葺き替えがあちこちで行われてるようで
ツートンカラーになったかやぶき屋根が多くて
ちょっと新鮮みがあったかやぶきの里でした。

中地区にて

かやぶきの里を後にして府道を東へと走り、
郵便局が左手に見えてきたらそこは中地区。
今日の目的地の一つである河内谷川に沿って伸びる
府道369号線のの入り口でもあります。

府道38号沿いにある商店でペットボトルのお茶を求め、
いざ美山川に架かる橋を渡り山の中へと進んでいきます。

集落の中を続く道

橋を渡りくねくねと続く道を進んでいくと
集落の中を走るようになり、
民家や田畑を見ながら暫く走ります。

こう言う所では飛び出しもそうですし
農作業をされている方が多いので
注意をして走らなければなりません。

澄んだ水

集落を抜けると川も随分と近くなり
澄んだ流れを足元に見るようになります。

思わず竿を出したくなる綺麗さですが、
ここは特別放流区ですので
ちゃんと漁券を買わなきゃいけません。
春は濃密放流がされるそうで
とても釣り人で賑わう谷だそうですよ。

苔生してるなあ^^;

そしてここは北山杉の産地でもあるので
整然と並ぶ杉木立の中を進むことにもなりますが、
そう言う所は昼なお暗く湿り気を帯びた空気が漂ってるので
当然のことながら舗装路は苔生してしまいます。
それに落ち葉がまた滑るんだ。^^;

舗装路ゆえの走りやすさってのもありますが
こうなってしまうと未舗装路以上に危険な舗装路です。^^;;



でもね、こう言う所大好き。(笑)

行き止まりまで2/3ほどを過ぎると
林道への分岐路が現れます。
橋を渡って続く林道の方は…
いきなり草ぼうぼうですな。^^;

こう言う道を走るのも面白いけど
とりあえずGマジェでは無理なので、
もう少し府道を上り詰める事にします。

雑草多し

デジ一で撮る気になりそうな
風景を探しながら走ってたんですけど
予想通り雑草が多くてちょっと厳しい、
それに予想よりも水が少ない。

でもこの写真の苔むす石なんか
寄って撮ればいい感じです。

くるりと右へ回り込んでいくと
先ほどより背が高い堰が。
さらさら
あー、涼しげやなあと止まって撮る。

でまた進み始めたんですけど、
ちょっと道の荒れ方が増してきて
あちこちにこぶし大の落石が見受けられるようになったので、
仕方なくUターンして戻る事に。
車道が終わる所まで行きたかったんですけどねー。
岩壁と橋と

戻って先ほどの林道分岐の手前から
岩壁を入れてワンショット。
ここも道が苔生してますが
この辺りはずっとこんな感じです。(笑)

しかし苔と蔦で覆われた岩壁は
なかなかに雰囲気がありました。

山間の広い風景

と言うわけでデジ一を出す事もなく
府道38号へ戻ってきました。^^;

中から田歌方面へと進みますが
こう、ガードレールの無い道路の傍には田畑が広がり
自然に山へと連なっていく風景は、
走っていて心洗われる気すらします。

山間だけど広い風景、いいねえ。( ̄ー ̄)

地形は変わる

田歌を過ぎ佐々里・芦生方面へと進んでいくと、
以前、仲間とよくキャンプに来た所へ至り
どうなってるかなと下を覗き込んでみたり。

やはり随分と川原の地形が変わってしまっていて
以前は真ん中に見える大きな木の下が
もっと広い川原だったんですけどねー。
でも、水の綺麗さには変わりないようで、
ほっとしましたが。

Gマも休憩

唐戸の渓谷を過ぎた所にある「芦生ロードパーク」で
先ほど求めたお茶を飲みながら一休み。
時間は正午を過ぎていて
流石にちょっと疲れてきました。(^^ゞ

木漏れ日の下で蝉の声を聞きながら
15分ほどぼーっとして、再出発。

橋を渡って佐々里へ

程なく走ると美山川を渡る
佐々里方面へ至る橋が見えてきます。
道をまっすぐ行くと芦生の里です。

美山川(由良川)本流はこの橋を過ぎて芦生の里を過ぎ、
京大演習林となっている貴重な原生林の中へ
次第に小さな流れとなりながら源流域へと続いていきます。

水はきれい

佐々里川に沿って続く様になる府道38号ですが
時折橋の上などから清流を望めます。
この辺りはルアー・フライ専用区になっていますので
いつかフライタックルを持って釣りに来たいと思いながら、
結局釣りには来てないままな所です。

まあ、年券7000円はともかくとして
日券3000円はちと高い。
京都から遠いってのもあるしね、
秘境の感ありです、ここは。(^^ゞ

鴨瀬へ抜けられるはずだけど…

今回もう一つの目的地である八丁林道ですが…、
なんか、行き止まりって書いてありますな。^^;

うーん、鴨瀬(かものせ)へと抜けられるハズだけど
どっかで道が崩れてんのかなあと思いつつ、
今回はこちらの麓近くの八丁川が目当てなので
行ける所まで行ってみようと、行きます。(笑)

この林道を走り抜けると、
カモノセキャビンの目の前に出てきますよ。
一部、未舗装路が残ってます。

ボトルネック〜♪

スペースウッドと言う八丁林道を走る者にとって
有名な喫茶店を右手に見送りつつ、
府道370号のボトルネック地点にやってきました。

ボトルネック〜♪(笑)

このすぐ先で府道は終り林道に変わります。

通っちゃいますよ?

その林道の起点には通行止めの看板が。
でも、ゲートが無いなら通っちゃいますよ?
どの道ね、林道を走る時は自己責任になりますから、
こんな物が無くても十分な注意が必要です。(^^ゞ

ただ、この写真を見て
「道がすぐ苔生すんじゃないか?」って思った人、


大正解です。(笑)

またUターン

まあ、実際の所は苔生す程度では
済まなかったんですが。^^;
キャンプ場を過ぎて進んでいくと
こぶし大の落石がゴロゴロ、
その上に木がバッサリ倒れてたりして。

この写真は道の荒れようを見ていると
Gマでは万が一もあり得るなと、
Uターンして戻ってきた時に撮った写真です。^^;;

この先に滝が幾つかあるんですけど
うーん、撮りに行けなくて残念。

またもやデジ一を出す余裕もなく府道38号へと戻ったのですが、
これはもう今日は仕方ないなと普通の避暑ツーをすることに決めて
佐々里峠を越えて京都方面へと戻る事にしたのでした。^^;


次へ