戻る

紀伊半島縦断ツーリング

〜酷道の旅〜
京都-奈良-奥瀞-那智-十津川-奈良-京都

走行日:2010年7月26日月曜日-同27日火曜日

   4


*4:飛瀧神社→熊野本宮大社→十津川→奈良→京都*

飛瀧神社前の駐車場へ戻ると
相変わらず自動車はわんさかと止まってたけど、
バイクはもう私だけ、その壁際にバス待ち?の人が沢山居ました。

そんな衆人環視のなか出発準備を整えて、
来た道を辿って那智山を降りていく。
…当初は那智山を通り抜けて本宮方面へ向かう
山中の県道を走ろうかとも思ったけど…、
物凄い険道だそうですので今回はパス。
新宮回りでR168を走った方がよっぽど早そうですので。^^;

そんな感じで下っていってもうすぐ那智勝浦新宮道路の乗口。
さぁどうしようか…と少し悩むも国道はパス自動車道へ進みます。
時間はもう11時過ぎ本宮大社に寄って昼食も摂って
R168からR24で京都へ戻るって事を考えると、
もうそれほどゆっくりはしてられないよ?と。
出来ればR24の五條市から奈良市の間は
夕方のラッシュ時間帯に走るのは避けたいし、
真っ暗な中を走るのはもっとヤダ。(笑)
と言うわけでバビューンと那智勝浦新宮道路を走って新宮へ。


真っ青〜!

人で自体が少ないのか自動車道はガラガラ
スンゴイ気持よく走れたんですが、
ドー!っと走っていくと突然目の前に海〜!

この道路を新宮方面へ走るのは初めてで
こんなに綺麗に海を見渡せるところがあるなんて
初めて知ったよ。
それにしても空も海も青い、夏だね。

この道路を使えば新宮まではあっと言う間、
R168へと左折してすっかり走り慣れた道を
熊野本宮大社へ向かって走っていく。
昨年は止まってかなり撮っていた滝を左へ見ながら走りましたが
あの崩壊寸前って感じだった滝前の広場を再整備してるのか、
工事の車両が忙しなく動いていたなぁ。
次に行くとまた違って見える場所になってそう。


さっき渡ってきたR168の橋を右に見送り
R311の入り口であるトンネルを左に見送る頃には、
すっかり濁りも消えた綺麗な流れるなる熊野川。
もうあと一息で本宮前へ。


本宮前で給油〜

歩道を歩く人の数と家並みが増えてくると本宮は目の前、
でも燃料計がさっきからチカチカ点滅してるので、
この辺りで入れておこうとガソリンスタンドへ滑り込む。

給油量は11.11Lでこれまでの走行距離が328.8km、
ツーリング燃費としてはこんなもんですな。


静かな参道

いつもの様に鳥居前の広場の隅にGマジェを停めて
人影少ない参道を進んでゆきます。
昨年は風鈴がチリリリと賑やかでしたが
あれはお盆の頃だけの飾りなのかな?
初めて来た時も7月末で風鈴無かったですし。

しかしお昼の暑い時間なんですが
これだけ木が茂ってると本当に涼しいです。
それに木漏れ日が綺麗。^^


水撒き中

都合3回目、2年連続な本宮詣り。
どうせ中は撮れないので今回はコンデジで済ます。(^◇^;

社務所の前では水撒きがされていて
こう言うのんびりしてる時に
お参りするのもいいもんです。


八咫烏

神門内の社殿にお参りした後、
新門左手の社殿へ行ってみる。
すると社殿に掲げられた大きな揮毫と
プレート状の八咫烏のレリーフがひっそりと。

いつも社殿に参ってそのまま帰ってたから
周りを余り見てなかったなぁと、
しげしげとあちこち見ながら
元来た参道を戻ります。


お昼にしよう

下へ降りると午後1時前、
大概お腹も空いたので参道脇にある
お店で昼食を摂っていくことに。

ただここの黒いお蕎麦は以前食べた時
余り口に合わなかったので、
素直に冷やしうどんを注文。
もうツルツルシコシコ普通に美味しかったです。(^◇^;


ツーリングの季節やねぇ

Gマジェの下へ戻ると来たときにはなかったバイクが数台、
暑いけど夏は外せないツーリングの季節だもんねぇと
支度を済ませてR168を一路五條へ向けて走りだす。

ザックを抑えるネットに挟んでたタオルは
すっかり乾いたからしまいました。(笑)


長くは続かない快走路

熊野本宮大社の北側は山肌に
へばり付くよう作られた快走路が暫く続くんですが、
ちょっとはこの区間が伸びたかな?と思ってたら、
いつもの所で旧来の狭路区間ヘ突入。^^;

やっぱりそんなすぐにはできんよなと思いつつ
案外とこのままで置いとかれるのかも、
それもまたいいかなと思いつつ
左手の崖を流れ下る滝を見ながら足を進める。


奈良県へ

崖にへばり付き川に沿ってグニャグニャ伸びる
狭路を進み少し司会が塞がれてきた頃に
十津川村の看板登場。

あぁ奈良県だ…と少し安心しますが
R168は全くもってまだまだ長く
五條までは遠い道のりなのです。

しかし十津川村の温泉も一度入ってみたいけど
いつも時間に追われてて停まることすらできません。^^;

集落へ入るに従って狭くなる道を気を付けながら進みますが
所々、乗用車のすれ違いも大変そうな所があるけど、
この辺りはもうギリギリな所に建物が建ってるし
景観的にもさっきのようなバイバス路はできんだろうなぁ。

ここもいきなりトンネルになる池原ダムへ向かうR425を右手に見送ると
道の駅十津川郷が暫く進んだ先に現れます。


のんびりいこーぜ

午後1時58分到着。

施設の向かいの壁にはこんな看板も。
こう言う道路だけにバイクの事故も多そうで
対向車線を割って出てこられたらどうしようもないけど
ともかく自分は気を付けようと気を引き締め直す。^^;


これなら大丈夫だろう(笑)

道の駅に入ると山の中らしい土産物が並んでましたが
暑いしちょっと疲れたしソフトクリームでも無いかと探すも無く、
北海道の新十津川産メロンを使ったらしい
メロンバーを購入。
この十津川村も明治の水害で酷い被害を被り
北海道へ離村された歴史があるんですよねぇ。

…前日はじゃばらシャーベットでえらい事になったけど
まぁこれなら間違い無く大丈夫だろう。(笑)

いや、じゃばらシャーベットも美味しいですけどね、
後味をなんとかしようか。(^◇^;


もう極楽♪

この道の駅には温泉場らしく無料足湯がありまして
締め付けていた足を開放して足湯でリラックス。
爽やかな山の風に吹かれながら
メロンバーも食べてほっこりと。^^;

ここのお湯も完全に透明で湯の花は見られませんでしたが
前日のおくとろ温泉と同じく強い硫黄の匂いを放ち、
とろ〜っとした泉質でとても気持ち良かったですよ。^^

慌ただしく入ってきてはジュースだけ飲んで出て行くライダーを
何人か見送ってから私も14時25分に出発。
十津川村の中心部を抜け橋の上から城塞のような
立派な風屋ダムを左に見て、
ぐいっと回り込みながら上っていく道を進むと
風屋貯水池沿いに北へ北へと進んでいく。

この貯水池沿いの道は所々怖いトンネルが出てくるけど
特に対向車とはち合う事もなく光が反射して煌めく
貯水池の水面を見ながら進んでいると、
ついにキタキタ、やってキタ、激しい眠気がやってキタ!(笑)
もう簡単にはふり払えそうもないほどの眠気で
こらあかん、このままじゃどっか突っ込む…とちょっと広くなってた所で停車。


凄い所を走ってんなぁ


道路の反対側でバイクにもたれかかるようにして10分ほど仮眠、
目覚めてから目薬点してしっかり目を覚ましてから再出発。^^;;
程なく十津川村を離れて五條市大塔町へと入ります。


直ってる〜!

大塔町宇井で大規模崩落を直す工事をやってたな…と
思いながら進んでいくと、迂回路へ回れの標識が一切無い。

これは…と思いながら近づいていくと
橋の先が通行止めになってなくて
直ったんだ!と。


凄い法面工事!

一度も通った事がなかったふるさとトンネルを抜けると
右手にこれでもか!とばかりに施された法面工事の跡が。

この場所の崩落は本当に酷く山の上からゴッソリ崩れ、
国道ごと天ノ川へと押し流してしまったのですが、
長年かかったとは言え直っちゃうもんなんだ…と
土木工事技術の凄まじさにただただ唖然とするばかりです。


バイパスだ

ふるさとトンネルから先はまた狭路が顔を出すんですが
その手前にまさに作りかけなバイパス路の工事現場が。
また次に来た時には大きく姿を変える場所になりそうです。

五條市市役所支所付近を通り過ぎ、
トンネルを過ぎると目の前に現れる猿谷ダムの猿谷貯水池を
左手に眺めながら狭路と快走路が交互に現れる国道を進み、
真っ直ぐ進むと天川村へ至る県道53号のT字路を左折、
貯水池に架かる赤い橋を渡ってR168を更に北上、
一気に峠道の様相を見せる国道を走る事暫しで
道の駅吉野路大塔に午後3時28分到着。

さっき仮眠はとったけどちょっとまだヤバそうなので、
道の駅の奥手にある東屋近くにGマジェを停めて、
東屋のベンチにごろりと横たわり
帽子を顔に被せて本格的に寝始める。^^;
響き渡るヒグラシの大合唱を聞きながら30分余り熟睡…。

目を覚ましてから用を足して顔を洗い、
ペプシコーラを飲みつつ辺りを見渡すと、
空一面といっていいほどの数の赤とんぼが。
ナツアカネか…里へ降りるのはまだまだ先だなと
スーイ、スーイと気持ちよく飛ぶトンボを見ながら午後4時5分に出発。


まだまだ遠い家路

さぁ後は山を降りると五条市街だと快調に進み、
午後4時半に市街へ吉野川を渡ってR24へと足を進める。

京都市街へ繋がるR24、ほっとする気持ちと
まだここから3時間ほど市街地走りをせにゃならんかも…と言う
げんなりとした気持ちを抱えつつ北へ北へと向かいます。(^◇^;


随分出来てる

それでも本格的なラッシュ時間前に辿り着いたから
混んではいるものの流れはそこそこ良いR24。

トラックの後ろについてのんびりと
R24から御所道路(京奈和道の一部)と走り進み、
郡山で下道のR24へ。
すると目の前には大きな橋脚が林立していて
京奈和道の工事の進みを感じました。

大和御所道路はR24扱いで無料なんですが
五條から東へ伸びるこちらも国道扱いの
橋本道路と繋がったりしたら、
京奈道路の様に有料化されちゃうんでしょうかね〜。^^;
むしろこっちと繋がるほうが先かな?


すんごい雲が…

若草山が見えたりする奈良市街をじわじわ走ってると
行く手にすんごい入道雲が出てるんですけど。(笑)

方角的には笠置から伊賀市方面なようですけど
あの雲の下は嵐だな…と容易に推測できるだけに
西へは絶対に来ませんように〜と
祈りながら京奈道路の乗口木津ICへと近づいていきます。^^;


京奈道路へ

午後5時58分、
木津ICの手前でGマジェを左へ寄せて停め、
ETCカードを車載器にセットしていざ京奈道路へ。



阪神高速の下を走る

帰りも通勤割引の時間帯で半額になり
ホクホクと高速を降りてR24大久保バイパスに合流、
北上して京滋バイパスのT字路を左折し
久御山JCT下で右折して油小路通を北上開始、
さあ、あとひとっ走りだ。


北山にもすごい雲が

午後6時半過ぎに京都の市街地へ入る。

日が落ちた市街地のバックに
オレンジ色に輝く入道雲が。
あの辺りも降ってるんだろうなぁ、
けどこの分ならこの辺りはまだ降らなさそうだと
胸を撫で下ろしつつ家路を急ぎます。^^;;

渋滞に巻き込まれること無く進み、午後7時2分、自宅に到着。

午後7時2分着
なんとか真っ暗になるまでに帰れた…夏って素晴らしいwと
感慨に浸りつつ荷解きにかかる。(^◇^;

1日目が193.6km、2日目が313.9km、
合計走行距離は507.5kmのツーリングでした。
あ、2ページ目をアップした時に
「100km足らず…」とか書いていたのは勘違い、直しておきました。
そんなに近いわけがないよね〜。^^;;;

一度は走ってみたかった紀伊半島縦断ツーリング。
走行距離は控えめな感じでしたけど
それだけ時間がかかるルートでありましたし、
飛ばさずゆっくり走ってきたってのもあって
距離の割に感慨が深かったそんなツーリングでした。
潮岬までも行けないことはなかったけど…、
もう100kmほど足す事になるから忙しいツーリングになったやろうし、
橋杭岩を一度ゆっくり撮りに行きたいですから、
またいずれそれを目的にして行く事にしましょう。

ではまた、次なる旅で会いましょう。( ̄ー ̄)/

紀伊半島縦断ツーリング 完

2011年4月22日 記


カゼノウタへ戻る

閉じる